動画変換におすすめのコーディックh264・XHTMLの文章型宣言

ハードウェアアクセラレーションh264コーデックはエンコードすることが出来るコーディックのひとつでCPUを占領せずに録画することができます。

1264が使える方はh264を使った方がいいです。

xvidはいろいろなソフトやアプリケーションに互換性があるため推奨されているコーデックです。

動画変換はh264

速度はmpeg1よりは早いですが、システムリソースをあまり占有しないというメリットもあります。

h264が使えない場合はxvidを選んだ方が良いでしょうmpg4、xvidに比べて圧縮率が高いコーディックですが、ファイルサイズを小さくしたい場合はmpegを選んだ方がいいです。

jリーグは1フレームを1枚のキーフレームとして扱うのでファイルサイズが大きくします。

編集はしやすいですが、ファイルサイズが大きくなります。

全く無劣化で圧縮する場合は無劣化圧縮ロスレスとも呼ばれていてyv12そしてrgb24が該当します。

少しでもファイルを小さくしたい場合はyv12を選んでファイルサイズを気にならない場合はrgb24を選びます。

文章型の宣言

の後にHTMLタグは何の言語を使っているのか言語を表記することが必要になります。

そしてネーム空間というのも指定する必要があって要素名などの衝突が起こらないです。

るために欠かせないものです。

タイトルタグは注意するtitle要素はとても大切なところです。

金策エンジン対策としても人間が読むためにも重要なところです。

適当に書けばいいというわけじゃなく空白にしておくのもあまり良くありません。

それでは何を書いたらいいかというと文章の内容を一番端的に表す一つの文章として書いておく必要があります。

これは検索エンジンの結果にも表示されます。

4ユーザーがサイトの内容を閲覧するときにタイトルとしてみることもあります。

ですので、異常にキーワードを詰め込んで長くすることはあまり多くはありません。

ではタイトルはどのように書くべきかといわれるとタイトルバーに表示されてページに近い見出しを設定することが大切です。

単語の羅列をするよりも内容を表す文章にしたほうがいいでしょう。

メタタグに掃除するものメタタグに表示するものは文章の情報の音です。

ブラウザだけでなく検索エンジに対しても内容を示すために重要な役割を果たしています。

謎めいた要素の中身についてはhead要素にドキュメントがHTMLで記述されているということ8文字コードそしてページの説明やキーワード作成者やコピーライト連絡先などについても表示することが必要です。

また検索エンジンを制御するためのロボットというところでも毒性を表示します。

メタタグには何を入れておくべきかと言うとディスクリプションとキーワードには必ず入れておいた方がいいです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ