Bandicamは高いけど買って損はないと思う

ディスプレイもきちんとチェックしてデュアルディスプレイがお勧めです。

そしてhdcpに対応したものでないと再生できませんので、注意が必要です。

動画の編集にはハードディスクよりはSSDの方が早いです。

しかしosによっては使えるハードディスクが制限されていて3テラバイトを購入しても2テラバイトぐらいしか利用することができないものや4キロバイトセクターという新しいハードディスクの使用があるのですが、xpではこれが使えないので注意が必要です。

プラッタの枚数が少ないほど高速になって速度が速いのですが、うるさいということもありますので、注意が必要です。

DVDやブルーレイディスクのドライブの選び方としては書き込み対応モデルを選ぶことが必須になります。

ブルーレイディスクには100GBのブルーレイxlメディアというのがあるんですが、それに対応したモデルも選ぶ余地があると思います。

そしてパワーDVDなどが使えるモデルもありますので、合わせて選んでみてくださいやはり便利なのはSSDです。

クシャルのm4シリーズだと512GBで454000円程度と割と高いですが、大容量メモリはcfdのバージョンを使うのがオススメです。

お店たくさんあるマウスも便利です。

Windows liveムービーメーカーなら簡単にオリジナルムービーを作ることができるmicrosoftが提供している有名なムービーメーカーソフトであるwindows は簡単にエフェクトを追加したり保存したりすることができます。

複数の動画を一つにまとめたり音楽を入れ替えたりスタッフロールを追加したり動画をDVDとして保存することもできます。

そして目当ての形式で動画を出力し保存することができます。

このソフトウェアはmicrosoftの公式ページから無料でダウンロードすることができてインストールした後ソフトを起動します。

ソフトを利用するにはwindows vistaか成分が必要になります。

AVCHDの動画ファイルにも対応

できることはAVCHDの動画のファイルも対応していたりテロップは音楽の追加が簡単にできて軽快に動作するということもあります。

    ほとんどの機能を戻すクリックやドラッグアンドドロップでできるので初心者にもオススメです。

不要なところをトリミングするにはトリムツールでトリミングして映画風にテキストを動画に表示させる機能もあります。

テキストの入力は自分で行う必要がありますが、映画のような機能をつけることができます。

bgm付きのスライドショーも作れてお気に入りの曲をbgmにできます。

そしてワンクリックでエフェクトを追加して視覚効果やアニメーションなどを簡単に追加することができます。

そしてできたDVDはDVDに書き込んで保存します。

アニメーションは動画に動きを追加するものでぼかしやモザイクなどのエフェクトを追加します。

こちら>>bandicamのサイト

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ